詰め物・被せ物

  • HOME > 
  • 詰め物・被せ物

詰め物・被せ物

詰め物・被せ物歯科治療の跡が目立つ、歯の色や大きさ、形に問題があるなど、歯の見た目に悩む方は多くいらっしゃいます。当院では、金属を使用しないメタルフリー治療も行っておりますので、目立たない詰め物・被せ物に交換したい、歯の見た目を整えたい、むし歯の治療で詰め物や被せ物の治療をしたい方にも対応可能です。
その中でもセラミック治療は天然歯に近い白さと透明感があるため、口を開けたときに人工歯と気づかれることは通常ありません。なるべく精密な詰め物・被せ物を提供できるように日々研鑽を積んでおりますので、どのようなお悩み、ご不安もお気軽にご相談ください。

当院の詰め物・被せ物治療の特徴

金属アレルギーのリスクがないセラミック治療

金属アレルギーのリスクがないセラミック治療セラミックは天然歯の白さと透明感に近く、汚れもつきにくい素材です。さらに、金属を一切使用しないため、金属アレルギーの心配もありません。当院では、詰め物・被せ物にセラミック素材をお選びいただけます。変色した歯や銀歯も、セラミック治療によって見た目が気にならない口元を実現できます。

長期的に美しい状態を保つ治療計画

被せ物を使用する場合は歯を大きく削るのですが、一度削った歯は元には戻らないため、これでは歯を失うリスクが高まってしまいます。そこで当院では、歯を削る量をなるべく抑えるMI治療(低侵襲治療)を行うなど、長期的な目線で美しい状態を保つための治療計画をご提案しております。

プライムスキャン(口腔内スキャナー)

当院では、口腔内スキャナーの「セレック・プライムスキャン」を導入しております。歯を削った後にスキャンすることで、歯の3次元情報を瞬時に取得し、素早く歯型取りができます。そして、取得したデータをもとに専用の機器が自動で詰め物・被せ物を作成するため、口腔内チェックから治療完了までの時間を大幅に短縮することが可能です。 他にも口腔内スキャナーは存在しますが、セレック・プライムスキャンは拡張性に優れており、より正確にセラミックの被せ物やマウスピースを作成できます。

ダイレクトボンディングにも対応可能

ダイレクトボンディングにも対応可能ダイレクトボンディングとは、治療が必要なところだけを最小限削り、歯科用プラスチックを盛り付けることで歯の色や形を短期間で修復する治療です。なお、歯を大きく削る必要があるケースでは、他の治療をご提案する場合があります。

セラミック治療

セラミック治療セラミックは金属を含まない身体にやさしい素材です。金属イオンは唾液によって溶け出して歯ぐきに沈着するほか、身体に取り込まれて金属アレルギーを引き起こすことがあります。金属不使用のセラミックであれば、このような心配はありません。

こんな方におすすめしています

  • 身体にやさしい素材を求めている方
  • 金属アレルギーの方
  • 天然歯のような詰め物、被せ物を求めている方

メリット

  • 金属アレルギーのリスクがない
  • 傷や汚れがつきにくい
  • 劣化しにくい
  • 天然歯に近い白さと透明感を持つ

デメリット

  • 強い衝撃が加わると割れる恐れがある
  • 奥歯を噛みしめる癖がある場合は使用できない可能性がある

前歯の被せ物(クラウン)の種類

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン全てセラミックのみで作られた被せ物です。表面に審美性に優れた別のセラミックを焼き付けて、審美性をさらに高めることもできます。透明感に優れており周りの歯になじむうえに、金属アレルギーの心配もありません。費用が比較的高額で、食いしばりによって噛み合う歯を傷つける場合があります。

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン金属フレームにセラミックを焼き付けた被せ物です。強度に優れており、歯ぎしり・食いしばりがある方にも適用できます。透明感はオールセラミックに劣るほか、歯ぐきが下がると内側の金属が見えることがあります。金属を使用しているため金属アレルギーのリスクはありますが、歯に金属イオンが黒ずみを引き起こすことはありません。

ハイブリッドレジンクラウン

ハイブリッドレジンクラウンセラミックとプラスチックを混ぜ合わせた素材を金属フレームに焼き付けた被せ物です。プラスチックが混ざっているため、長期間使用すると変色したり、歯ぐきが下がってきたときに内側の金属が見えるようになったりすることがあります。オールセラミックと比べて比較的安価で、噛み合う歯を傷つけないことがメリットです。

硬質レジン前装冠(保険適用)

硬質レジン前装冠(保険適用)金属フレームにプラスチックのキャップを取り付けた被せ物です。金属アレルギーのリスクがあるほか、表面のプラスチック素材が変色したり傷ついてツヤが失われたりすることがあります。保険適用により、費用が比較的安い点がメリットです。

奥歯の被せ物(クラウン)の種類

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン全てがセラミックでできた被せ物です。天然歯に近い透明感と白さを持ち、審美性に優れています。金属による歯ぐきの変色の心配もありません。なお、素材が天然歯よりも硬いため、歯ぎしりによって噛み合う歯を傷つけることがあります。

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン金属フレームにセラミックを焼き付けた被せ物です。強度に優れているため、奥歯の被せ物に適しています。歯ぎしり・食いしばりがある方にも使用可能です。ただ、歯ぐきが下がってくると内側の金属が見えたり、金属アレルギーのリスクがゼロではなかったりとデメリットもあります。

ハイブリッドレジンクラウン

ハイブリッドレジンクラウン金属フレームにセラミックとプラスチックを混ぜ合わせた素材を焼き付けた被せ物です。オールセラミッククラウンよりは安価でありながら、保険の被せ物よりも審美性に優れています。歯ぐきが下がると内側の金属が見えることがあります。

e-maxクラウン

e-maxクラウンe-max(イーマックス)クラウンは、ニケイ酸リチウムを主原料とする審美性に優れた被せ物です。適度な硬さのため、噛み合う天然歯を傷つけません。自然な見た目で周りの歯によく馴染むうえに、金属アレルギーや歯ぐきの変色がないこともメリットです。

ゴールドクラウン

ゴールドクラウンいわゆる金歯と呼ばれるゴールド色の被せ物です。歯との適合性に優れており、すき間がほとんどできません。そのため、歯と被せ物の間にむし歯が再発するリスクを大きく軽減できます。ただ、その見た目から審美性が良いとは言えず、口を大きく開けたときに目立つことがあります。

メタルクラウン(保険適用)

メタルクラウン(保険適用)いわゆる銀歯のことで、適度な柔軟性があるため噛み合う歯を傷つけません。口を開けたときに目立ちやすい点がデメリットです。

奥歯の詰めもの
(インレー)の種類

ジルコニアインレー

ジルコニアは人工ダイヤモンドとも呼ばれるほどに優れた強度と審美性を持ちます。他のインレーよりも薄く作れるため、歯を削る量を抑えることができます。ただ、素材が硬いため、噛み合う歯を傷つけるリスクがあることに注意が必要です。

e-maxインレー

ニケイ酸リチウムを主原料としており、透明感と白さに優れているうえに柔軟性がある審美性と機能性を両立した詰め物です。

ゴールドインレー

金合金を使用した詰め物です。歯との適合性に優れているためすき間ができにくく、むし歯の再発リスクを抑えることができます。口を開けたときに目立つほか、金を使用するため費用が高めです。

パラジウムインレー

金銀パラジウム合金による銀色の詰め物です。保険適用のため安価で作ることができますが審美性が低く口を開けたときに目立ちます。また、金属アレルギーのリスクもあります。

045-315-3823 初診WEB予約 再診WEB予約