ブログ

  • HOME > 
  • ブログ > 
  • プラークコントロールについて
2024.01.19

プラークコントロールについて

プラークとは?

歯肉が腫れてしまう原因は、歯についているプラークが原因になります。

プラークとは歯の表面についているネバっとした白いもの、歯垢とも呼ばれているものです。

プラークは、歯の汚れや食べかすというよりも、細菌の塊なのです。

放っておくと、歯茎の炎症を起こし、歯周ポケットが深くなっていきます。

 

歯肉の炎症を抑える方法

歯肉の腫れを抑えるには正しいブラッシングが大事です🪥

毎食後の歯磨きは時間をかけてしっかり丁寧に行なっていきましょう。

プラークがついたまま放っておくと歯石になります。

歯石ができるとその周りに大量のプラークがついてさらに歯肉に炎症が起きてしまいます。

そして、歯石になってしまうとご自宅でのケアでは除去することができなくなってしまうので、定期的なクリーニングでしっかりとケアしていきましょう🦷✨

当院では3ヶ月を目安に定期検診を行なっております。

歯肉の腫れがある方はご相談くださいね😌

プラークコントロールはお口だけでなく全身疾患の予防にもつながるので、毎日の歯磨きを頑張っていきましょう🍀

045-315-3823 初診WEB予約 再診WEB予約